• 持続可能性マネジメント

    持続性とは――アジア?シンボル社の見解

    ?

    アジア?シンボル社では、持続性とは將來世代のニーズを損なうことなしに、現在のニーズを満たすことと理解しています。

    アジア?シンボル社は、「コミュニティと國と気候と顧客と企業――五者すべてにとって利となること」ことをビジネス哲學としています。つまり、ローカルコミュニティと國全體にとって利益となることに配慮してビジネスを遂行することが、長期的に企業としての利益につながると考えます。

    アジア?シンボル社のビジネス哲學の基盤は、持続可能な開発に関する3本柱の原則と、
    ステークホルダー參畫の原則です。3本柱の原則とは、企業は経済と環境と社會という三者の視點から目的を設定し、三者の利害のバランス調整に努めるべきであるという考えです。ステークホルダー參畫の原則とは、企業はステークホルダーとのコミュニケーションによって
    彼らの関心や要求を理解して対応すべきであるという考えです。

    持続可能性を実現するため、アジア?シンボル社は、ステークホルダーとの関わりを深めることに盡力しています。ステークホルダーの関心に対応することによって、経済発展と環境
    ?社會に対する責任のバランス確保が可能となります。

    他也色